Together Through Life

 

猊鼻渓~世嬉の一

社員旅行最終日はまず猊鼻渓で舟下り。

IMG_7081 (375x500)

船頭さんの達者なおしゃべりに笑いつつ、鴨に餌やって先導してもらって、往路は名勝を楽しみながら大猊鼻岩まで約30分。

IMG_7109 (375x500)

ここの岩には穴が開いていて、そこに運玉という文字が書かれた石を投げて入れば願いが叶うという。最初5個購入して全部入らず。そしたらパートのおばさんが「私どうせ届かないからあげる」ってもらった運玉が入った!入ったの僕だけ。文字は「願」。なんとも良い気分。

そして復路(ここの舟下りは往復なのだ)では、なんとも珍しい舟上結婚式が見られた。これまた良い気分。

IMG_7118 (500x375)

お昼を兼ねてまたもや酒蔵、世嬉の一。

IMG_7130 (500x375)

岩手名物のお餅盛り合わせで満腹。

IMG_7124 (375x500)

一関駅から新幹線で帰京。
今回の旅は文化も自然も楽しめて、なかなか良かったなぁ。北海道も良かったけれど、自然ばかりだった印象だし。

何はともあれ念願の平泉に行けて良かった。

 

平泉~厳美渓

社員旅行2日目、まずは中尊寺。

IMG_7022 (500x375)

IMG_7026 (500x375)

楽しみにしていた金色堂は撮影禁止だった。

IMG_7028 (375x500)

金色に輝くお堂には奥州藤原家4代の遺体が今も安置されている。いや、想像以上に素晴らしかった。
讃衡蔵という宝物館にも入ったんだけど、ほとんど国宝という文化財は圧巻。やっぱり来て良かった。

お昼はこちらも岩手名物、盛岡冷麺とずんだ餅。

IMG_7034 (500x375)

そして、毛越寺。

IMG_7035 (375x500)

こちらは極楽浄土を再現しようとした浄土庭園が素晴らしい。

IMG_7040 (500x375)

住職さんのお話も興味深く、なかなか平泉、良かったよ。

そして、達谷窟毘沙門堂へ。

IMG_7058 (375x500)

1200年も前に建てられたというから、奥州藤原家が栄華を極めるよりももっと前の毘沙門堂。岩にくっつくように建てられていて、なかなか壮観。

IMG_7063 (375x500)

最後は厳美渓。

IMG_7073 (375x500)

今日は文化的な観光地と、最後に自然が織りなす美も観られて満足。

夕食は今日も前沢牛三昧で満足。

IMG_7076 (500x375)

今宵も部屋飲みにて終了。

 

あさ開~小岩井農場

今年の社員旅行は岩手。毎年あるわけでもないんだけど、去年の北海道に続き2年連続。
まずは東北新幹線で盛岡へ。東北新幹線に乗るのは初めて。というか、岩手に行くのも初めて。

IMG_6996 (375x500)

盛岡に着き、昼食はやっぱり盛岡名物わんこそばでしょ。

IMG_8559 (500x375)

もう要らないって思ったらお椀に蓋をするんだけど、タイミングが遅ければそばを入れられるし、蓋をしても開けてみて少しでもそばの切れ端が残っていたらまた入れられる。なかなか過酷なレースだった。男性平均付近だという52杯で終了。満腹。

そして、あさ開の酒蔵へ。

IMG_7001 (375x500)

もちろんたくさん試飲。

IMG_7003 (375x500)

なかなか気分良くなり、小岩井農場へ。

IMG_7006 (500x375)

関東地方は連日の雨模様だけれど、こちらは快晴で良かった。
紅葉にはまだ少し早かったみたいだけれど、綺麗に色づいた木々も見られた。

IMG_7007 (375x500)

農場に行ってももう僕たちご一行は大人なので、動物と戯れたりアトラクションを楽しんだりはせず、国の重要文化財に指定されているサイロや牛舎を見学。

IMG_7011 (500x375)

IMG_7012 (500x375)

明治末期に建てられ、未だ現役なのに驚く。

IMG_7015 (375x500)

その後今宵は花巻の温泉宿。ひとっ風呂浴びて、前沢牛の夕食。

IMG_7018 (375x500)

手品ショーなんかも楽しみ、

IMG_7019 (375x500)

役員さんと同僚と部屋飲み。
明日は行きたかった平泉。楽しみだ。

 

ジェノサイド

817eEoF6g0L (237x335)81KcmO1IqKL (237x335)

知人に勧められ、高野和明『ジェノサイド』を読んだ。
医学、薬学、軍事など各分野に対する著者の博学や探求心は見事だし、それをホワイトハウス、戦場そして日本といった3カ所から描く手法もなかなか。エンターテインメント作品としてグイグイ読ませる(ただ後半はやっつけ感というか描写が大雑把にはなっていって残念)。だから、確かに各分野の細かい説明や著者の嗜好や思想が文学作品として素晴らしく形作られているかというとそうでもなくて、ただなんとか崩れずに踏ん張っている感は否めないけれど、この作品はもうグイグイ読んでそれでいいんだと思う。人類や地球の将来を憂う、例えば伊藤計劃の『虐殺器官』や『ハーモニー』なんかと比べると、やっぱり物足りなさ満開なので、うん、比較するべきものでもないのだろうな。

 

第29回屋形船

毎年恒例、義母の小料理屋主催の屋形船へ。おお、29回目ということは来年は30回記念大会じゃないか。すごい!

IMG_6925 (375x500)

去年から船屋さんが変わり、大きめの船でゆっくり飲めるようになったのは嬉しい。

IMG_6926 (375x500)

それにしても年齢層がとても高い客人たちが、年を重ねてもまだまだ元気で驚く。そしてそんな方々の中になんの躊躇いもなく溶け込める我が子たちにも驚く。annは昔からそうだったけれど、allenもすごい。でもそういやallenって店員さんとかにも普通に話しかけるもんなぁ。

IMG_6971 (500x375)

そんなallenはなんとばあこたちと一緒に踊りもするし!

IMG_6932 (375x500)

歌っている方のステージにも上がるし!

IMG_6970 (375x500)

同年代の子供がいない中でも楽しく過ごせて良かったね。
さて、来年は第30回!40回50回目指して、義母にはずっと元気でやっていってもらいたい。

IMG_6943 (375x500)

 

一日参観全部参加

annの一日参観へ。3時間目と4時間目、昼休みを挟んで5時間目と参観できるということなので、仕事を休んで全部参加。一日参観というのは何も一日全部参加しなくても、仕事の都合などによってどこかの授業に親が来やすいように設定してある行事らしく、実際全部参加という親の方が少なかった。でも全部参加できるに越したことはないので、もちろん全部参加。

参観前、廊下でannに会ったので写真撮ろうとすると逃げ惑う。

IMG_6902 (375x500)

家族だけのときはまだべたべたくっついてくるくせに、友達がいる前だと恥ずかしい?そういう年頃になってきたということ?
ま、撮ったけど。

IMG_6903 (375x500)

3時間目は国語。3年生までに比べると(当たり前だけど)annに限らずみんなの授業への集中力が違う。
4時間目は体育館へ移動して体育。最初はマット体操。その後親も参加してのドラクエドッジボール。結構真剣になってしまい、なかなか楽しかった。どの親も真剣になってしまったのか、親チームの2連勝。大人げなくて申し訳ない…。
給食は衛生面から一緒にはいられないということで、パパ友と外へ食べに行き、戻って5時間目は算数。やかましーずのRとannが揃って前に出て発表するところ観られたし、やっぱり全部参加して良かった。

親が来ると嬉しいけれどどこか恥ずかしく感じたり、授業に対する集中力や取り組み態度が違っていたり、やっぱり授業参観に行くと我が子のみならずみんなの成長が学年ごとに感じられて嬉しい。これからもなるべく行きたいものです。

 

ボンジュール、アン

20170426-bonjouranne02 (500x334)

帰りの機内でエレノア・コッポラ監督『ボンジュール、アン』を。フランシス・フォード・コッポラ監督の奥さんらしい。
アメリカ人女性とフランス人男性(どちらも中年)のフランス縦断ロードムービー。景色は美しく、料理もワインも美味しそう。会話はウィットに富み、時に繰り広げられる大人同士の仕掛けとかわしが楽しい。あぁいいな、フランス行きたいなぁ。
ダイアン・レインが素敵に歳を重ねていて、とてもチャーミングだった。

 

初めてのインドネシア

9月26日からインドネシア出張に来ていて、出張といっても取引先工場に行ったのが27日で、その後は初めてということもあってジャカルタから2~3時間圏内をガイドさんの車で巡ってきた。

着いた初日にガイドさんと合流。聞いていた通りムスリムの多い国なのでレストランにビールがないことも多く、あってもほとんどの人が飲んでいない。でももちろん僕らは飲みます。こちらで有名なBINTANG。

IMG_6786 (375x500)

ジャカルタから出て最初に泊まったホテルには部屋付き露天(?)風呂が。

IMG_6806 (375x500)

公衆風呂(プール?)は水着着用。

IMG_6804 (500x375)

インドネシアはとにかく照明が暗い印象。ホテルに行く道中も真っ暗で何も見えなかったんだけど、翌日見たら一面茶畑で吃驚。紅茶も有名みたい。

IMG_6811 (500x375)

火山の噴火口。だから温泉が湧くのね。

IMG_6813 (500x375)

観光地での押し売りがひどかった。

IMG_6818 (375x500)

こちら、有名なサテー。羊肉とウサギ肉。

IMG_6832 (375x500)

次のホテル。とても綺麗で、プールもあったので入る。

IMG_6837 (500x375)

今回印象的だったのがモスク。

IMG_6860 (500x375)

IMG_6856 (375x500)

初めて行ったし初めて入ったんだけど、最初に手と足と顔と耳(の裏)を洗う。イスラムと感じる。

その次のホテルも綺麗だった。

IMG_6874 (500x375)

食事は全体的にそれほど美味しくはない。けれど中でも印象的だったのがパダン料理。

IMG_6879 (500x375)

小皿があらかじめたくさん並べられていて、好きなものを食べ、手を付けたお皿の分だけ支払うシステム。しかも伝統的には右手で手掴みで食べるというので、そうやって食べてみた。回りを見たらスプーンで食べている現地人もいたけれど、なかなか貴重な体験。

一緒に飲んだのがアボカドジュース。美味。

IMG_6881 (375x500)

そして今日が最後の夜。BINTANGとは違うビールを試すも、BINTANGの方が美味しいな。

IMG_6886 (375x500)

明日早朝の便で帰国。
初めてのインドネシアで、結構良い経験をさせてもらった。けれどまぁ何が良かったとか魅力的だったとかを言いにくい国。やっぱりタイの方が楽しいな。

 

ザ・サークル

今日からインドネシア出張。往きの機内でジェームス・ポンソルト監督『ザ・サークル』を観る。

640 (500x350)

SNSで果てしなく広がる世界の先、当然のごとくそこにはプライバシーも何もないスケスケの総監視社会がある。ってことのストレスだとか恐怖だとかを描いているんだけど、うーん、そういう世界はすでに始まりかけているしそういう未来も予測され済み。「こんな世界になるのか?!怖っ」っていうのはなかった。
それにしても昔は昔でムラ社会でプライバシーも何もなかったはず。それが国レベル、世界レベルで繋がることによって叫ばれるプライバシーの重要性。なんだかふざけた悪循環のようで笑えない。

 

元気でド派手に

お彼岸。
朝から義母を迎えに行き、まずはallenのスイミングスクールへ。その後お昼を食べて、お墓参りへ。
夕方戻り、「今日はちょっと地味になっちゃった」とか言うド派手なばあこの誕生日会を。

IMG_6747 (281x500)

IMG_6771 (500x281)

義弟以外、子供たち孫たち勢ぞろいでお祝い。

IMG_6765 (500x281)

相変わらずワイワイガヤガヤ楽しい宴。

IMG_6741 (500x375)

9月9日(なんてラッキーな日だ)に75歳になった義母。少し痩せたけれど、まだまだ元気にお店もやっているし、色々出かける活力にも溢れている。
そして、だんだん大きくなっていく孫たちも本当にみんな良い子に育っていて、こんなにたくさんの素敵な孫たちに囲まれ祝われ、それだけでも幸せそうな義母。うん、でもほんと、そこに恵まれると嬉しいだろうなぁ。

IMG_6731 (375x500)

食事のあともホテルのロビーでわさわさ楽しみ、

IMG_6724 (500x375)

二次会はもちろんばあこのお店へ。

IMG_6727 (500x375)

どうかいつまでもお店のママで、元気でド派手に生きていってね。

 

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter