Together Through Life

 

キャプテンサンダーボルト

71b0CaWLHHL (345x500)

阿部和重、伊坂幸太郎による完全共著『キャプテンサンダーボルト』を読んだ。
阿部和重の作品はデビュー以来ほぼ全部、伊坂幸太郎の作品もたくさん読んできているが、各章を交互に書き合ってはいるがその後お互いに修正し合い、最終的には全編をお互いにいじりまくったと2人が対談でも語っている通り、それぞれの文体や世界観が絶妙に混じり合った徹底的なエンターテインメント作品に仕上がっている。もちろんそれぞれの味が出ているところもあり、どちらの作品も読んでいる身としてはそれもまた楽しめる。
けれど、やはり共著というのはお互いの強みをさらに高めるというものではないのだろう。むしろ作品として仕上げるためにはその強みを強く出せない部分があり、それはつまりそれぞれの作家性を抑えるということだから、どうしても抜きん出たものとしては成り立たないという印象。
だからこそ作品はエンターテインメントとならざるを得ず、ならばと徹底的にエンターテインメントとして貫かれているからこそ物語は疾走し、楽しんで読むことはできた。
完全に映像化向け作品。良い監督、良い役者、良い音楽での映画が観てみたい。
Comments

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter