Together Through Life

 

渇き。

subsub6_large (500x334)

中島哲也監督の作品は、その圧倒的なセンスによるリズムと映像美、音楽や演技が演出と共にうねるように展開する独特のワールドが見事にハマると『嫌われ松子の一生』や『パコと魔法の絵本』、『告白』のように見事なエンターテインメント作品になり、その世界観は好きだったので『渇き。』も期待して観た。
そのどこから観ても中島哲也というワールドは健在。ただ、いかんせんエログロが過ぎる…印象。接写を多用する印象的なカメラワーク、過去と現在を自在に行き来する時間軸、物語を疾走させ、時には立ち止まらせる音楽に乗り、役者陣の迫真の演技。そこにエログロが徹底的に散りばめられることによって、エンターテインメント感は残念ながら沈んでしまっているように感じる。何だろう。『告白』も恐ろしい映画だったけれど、『告白』と違って『渇き。』は喧し過ぎるからだろうか。喧しいから、役所広司が圧巻の演技をしているにも関わらず『告白』の松たか子ほど空恐ろしくは感じないし、小松菜奈のモンスター感も今一歩真に迫ってこない。
とても技術とセンスがある監督だということは充分理解出来るのだけれど、本作に限って言えば策に溺れた印象を受ける。
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter