Together Through Life

 

昭和天皇 第七部

img_67eb7b61b4e2ddd76c6abccb2007c8dc441686 (272x400)

福田和也が10年に渡って描き続けてきた大河評伝の完結編。『昭和天皇 第七部 -独立回復』読了。
GHQの進駐、人間宣言、東京裁判、新憲法公布、朝鮮戦争と描かれるが、その一つ一つに著者は驚くほど重きを置かない。あくまでも淡々と時代の流れを追い、その時代に生きる様々な人々の視点に降りる。
これまでもそうだったけれど、この完結編では特にその傾向が強く、ここでは裕仁ですらそういった人々の1人に過ぎない。
マッカーサー、吉田茂、白洲次郎、太宰治、愛新覚羅溥儀、美空ひばり…、さらには日本で暮らす市井の人々、支那に留まる人々。戦後には彼らの生きた道、生活、作品、芸などが、ただ積み重ねられていったのだ。その積み重ねこそが、歴史となる。
著者自身が述べているように、これは歴史の専門書ではないだけに、昭和天皇が生きた時代とそこに同じように生きる世界中の人々が積み重ねられた大河評伝となっていて、第一部から第七部までとても興味深く読み進められた。また歳を重ねたらきっともう一度読みたくなる作品になると思う。
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter