Together Through Life

 

そして父になる

20130926222653 (520x284)

是枝裕和監督『そして父になる』を観た。
子供の取り違えという難解で絶望的なテーマに、仕事命のエリートサラリーマンである福山雅治としがない電気店を営むリリー・フランキーという対照的な父を双方に据え、丁寧に、挑む。
2人の父のキャラクターが少々ステレオタイプに過ぎる嫌いはあるけれど、逆に少しくらい過剰に描くことによって「父」とは何かということを炙り出せているように思う。突然突きつけられた真実に、母は、子供は、そして父はどう動くのか、動かされるのか。その体験は絶望的で投げ出したくもなるけれど、濃密で豊かな時間ともなる。男は最初から父なのではなく、絶望し、苦悩し、血や愛や絆について深く考え、父になる。そして、僕たちは家族になる。
それにしても取り違えが判明した時点の子供たちの年齢はannと同じくらい。annがもしそうだったとしたら…なんて考えもしたくないけれど、どうしてもそれが頭をよぎると、でもやっぱりもうannは僕の真の娘であり、僕はannの真の父だよなぁって、うん、そう深く思った。
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter