Together Through Life

 

中学生円山



宮藤官九郎監督『中学生円山』を観た。
一言で言うと「しょうもない!」、「下らない!」。でもこれが不思議なんだけど、クドカンワールドの小ネタ満載で最後まで笑いながら観られる。
自分のチ〇コを自分で舐められるかというテーマに挑む中学生が繰り広げる妄想は、そのまんまクドカンの妄想となる。そして、妄想は尽きることがない。だからこそ、大人こそもっと妄想を!って、中学生を導く大人(草彅剛)と大人を卒業した老人(エンケン)を通してクドカンはメッセージを送る。
とまぁ読めることは読めるけれど、この映画はそんな深読みして観るもんでもないような気がする。宮藤官九郎がやりたい放題やりましたっていう映画で良いと思うんだけど、それが出来ることがクドカンの凄さなんだよなぁ。
Comments

Body

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter