Together Through Life

 

つやのよる



行定勲監督『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』を観た。
阿部寛演じる松生の妻である「艶」が亡くなる。これまで艶が関わった男性たちにまつわる女性たちをオムニバス形式で連動させる。
ポスター写真からはちょっとかけ離れた地味目な映画。描かれるのはあらゆる愛、愛憎の物語だけれど、あくまで淡々と提示されるだけだ。そして、知る。たった1人が関わった周りには、これだけの種類の愛、色、憎が漂っている。そして、それらに明確な分岐はなく、すべては絡まり合い、時には離れながら移ろう。
華やかな女優陣の演技は確かだし、役のためかげっそりの頬のこけた阿部寛の入り込み具合も見応えがあった。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter