Together Through Life

 

バレエ・カンパニー



ロバート・アルトマン監督の作品は全部観たよなぁ、とか思いながらツタヤを歩いていて目に留まった『バレエ・カンパニー』。知ってはいたけど、観ていない。というわけで観てみた。
シカゴを拠点に活動している実在のバレエ・カンパニー「ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴ」のワンシーズンを描く、ドキュメンタリータッチの作品。実際、主演のネーヴ・キャンベル以外はこのカンパニーのバレリーナや指導者だそうで。
ドキュメンタリーに近い撮り方のためストーリーはやや陳腐だけれど、バレエダンサーたちの表裏に迫り、その日常に潜む悲喜こもごもを描くうちに、それはやっぱりアルトマンお得意の群像劇となり、バレエの肉体的芸術とともに臨場感を伴って心に響いてくる。
必要以上に盛り上げることもなく、でもしっかりとバレエシークエンスの美しさとバレリーナたちの心の機微に迫る。巨匠アルトマンの余裕を感じさせてくれる作品。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter