Together Through Life

 

レザボアドッグス

会社のメンバーは結構映画好きが多く、この間今まで観た中で何が一番好きかという話になり、僕も色んな候補が頭に浮かぶ中選んで言ったのがクエンティン・タランティーノ監督『レザボアドッグス』。で、無性にまた観たくなって、借りてきた。



やっぱりメチャクチャカッコ良かった。素晴らしい。
オープニングのどうでもいいのに聞き入ってしまうおしゃべり、ジョージ・ベイカーの『リトル・グリーン・ バッグ』のクールなベース音、それをバックに歩く黒スーツにサングラス姿のいかにも癖のある男たち。これほどオープニングから心を鷲掴みにされた映画はない。
オープニングに象徴されている台詞回しの素晴らしさ、音楽のクールさ、カメラの位置、間の取り方が全編通して素晴らしく、曲者揃いが醸し出す緊張感がその後もずっと持続し、さらには現在と過去とを巧みに交じり合わせた展開も効果的に機能し、激しいアクションなどなくても、極端に言えば大の大人の男が「俺じゃねえ!俺じゃねぇ!」と疑い合い否定し合っているだけの内容にも関わらず、さらにはとても低予算で創られているにも関わらず、映画ってここまで最初から最後まで緊張感が保たれながらしかも笑えて面白く観られるんだ、と当時も感激したことを思い出した。まさにタランティーノ衝撃のデビュー作。うん、一番好きと言って過言ではなかったかも。
今度映画館では観逃した『ジャンゴ』がDVD化される。最近のタランティーノは(期待が大きいからかも知れないが)物足りない作品ばかりなので、『ジャンゴ』は強烈に面白ければいいなぁ。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter