Together Through Life

 

永遠の0



会社の部下(軍事や戦争の戦略が大好き)が貸してくれた百田尚樹『永遠の0』を読んだ。
著者の小説デビュー作らしいが、なるほど、現代のパートの登場人物や主人公である架空(フィクションだから当たり前だ)の主人公宮部がステレオタイプ過ぎるきらいは確かにある。
ただ、それを補って余りあるのが、歴戦の実在人物の重厚さ、彼らが語る太平洋戦争の「真実」。
もちろん小説という形を取っているフィクションだから、彼らが語る「真実」は全て間違いなく「史実」ではない。でも、彼らが実際に戦争に関わり、見て、今語れること。それを(おそらく)緻密で念入りな取材と調査によって、著者がここで語ったことは、それは「真実」と言っても良いのではないか。少なくとも細かな史実との違いを突っ込んでばかりいても意味がない。それくらいに本書は衝撃的に戦争の、歴史の「真実」を含み、それが見事なエンターテインメント小説として昇華されている。
最後、宮部と彼が繋がったとき、彼がそのいきさつを語り出した時、涙が溢れ出した。そして、米軍から見た宮部久蔵という男が描かれたエピローグが、プロローグとつながった時、やっぱり胸には熱いものが込み上げる。
日本が確かに経験し、日本人がその時代に足掻き、苦しんだこと。それは確かに「真実」で、僕らはその礎の上を踏みしめている。そのことを猛烈に意識させてくれる、力に満ちた小説だと思う。
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter