Together Through Life

 

騎手の一分



競馬は好きだけれど(最近は特に)競馬関係の本はあまり読まないのだが、藤田伸二『騎手の一分 競馬界の真実』を気になって読んでみた。
どうして若い騎手がどんどん辞めてしまうのか、どうして武豊は勝てなくなったのか、最近のリーディングを争うジョッキーの騎乗法への批判やなぜ一部のジョッキーにだけ良い馬が集まるのか。現役騎手だからこそ、現状の競馬界を見つめるその視線は鋭い。
内容としては、熱心な競馬ファンならば(うすうすでも)感じていること、知っていることに過ぎない。ただ、それを現役ジョッキーという立場から発信したことに意味があると思う。
一部の大手生産牧場、大手馬主やクラブの独走(暴走?)が競馬をダメにし、その魅力を奪っている。そしてそれはすべてJRAの稚拙なシステムに起因するという批判は、JRA現役ジョッキーとしては大きな爆弾になるだろう。
藤田伸二はもう少ししたら手綱を置くのだろうという雰囲気が全体から伝わり、それが「男・藤田」と呼ばれた破天荒ジョッキーの覚悟として映る。
どんどん個性的な騎手がいなくなる。藤田伸二にはもっと乗ってもらいたいし、彼のような一流ジョッキーにここまで言わせる競馬界の現状が、本当にただただ悲しい。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter