Together Through Life

 

鍵泥棒のメソッド



内田けんじ監督『鍵泥棒のメソッド』を観た。『運命じゃない人』が素晴らしく、前作『アフタースクール』の緻密な構成や最後に伏線が集約するどんでん返しからすると、今作は少々見劣りする感は否めない。
売れない役者と殺し屋(便利屋)の人生がふとしたことから入れ替わるという設定自体目新しさはないし、内田けんじ脚本監督というハードルの高い視線から観る(それは彼の実績からしてもう仕方ない)ともっと驚きの仕掛けをどうしても期待してしまう。
ただそれはあくまでも「内田けんじ」というフィルターを通して観ての感想であり、作品としてのレベルはやはり高い。ありふれているとも言える設定なのに飽きさせることなく最後までテンポ良く見せる構成、演出。それを支えるのは堺雅人、香川照之の信頼感ある演技と広末涼子の温かな存在感。きちんと練られた作品を素晴らしい役者が演ると、やっぱりこれくらいの高レベルになる。
あとはやっぱり内田けんじ。僕個人としては最初の『運命じゃない人』から少しずつ落ちていっている印象なので、次作でまた一発、唸らされるようなものをやっぱり期待したい。
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter