Together Through Life

 

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望



テレビシリーズからファンで映画もスピンオフも全部観てきて、前作で初めてがっかりさせられ。それでもこれで最後だというから、慎重に神妙に観た本広克行監督『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。
テーマは『踊る~』がずっと描き続けてきた警察組織上層部の腐敗、埋まらない会議室と現場との溝。これまでのシリーズをすべて伏線にしたような事件は集大成であることを充分に感じさせてくれたし、湾岸署内のドタバタも楽しく観れた。そして何より今作が最後なのだ。と思いながら観ると、もちろん往年のパワーは感じられなかったし細かな残念な部分も多々あったけれど、感傷の方が先に立ってしまい…。
前作が限りなく残念だったから過度の期待はしていなかった。だから良かったのかも知れない。けれど、あのテーマ曲が流れてきたときのワクワクはやっぱり往年の興奮を呼び覚まし、そして残念ながらファイナルはそれに充分に応えてくれる作品ではなかった。
青島もすみれさんも室井さんも歳をとり、あの頃と同じキャラクターで同じ展開では、あの頃と同じようなエネルギーを発揮することは出来ない。だからといって変に成長させるとシリーズそのもののコンセプトが揺らいでしまう恐れがある。それがシリーズものの難しいところなのだと感じる。
エンドロールに流れる写真は良かった。そして、これまでありがとうと、これはもう心から思った。
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter