Together Through Life

 

夢幻花



母から借りた東野圭吾『夢幻花』読了。
2つのプロローグで読者を惹き込み、黄色い朝顔を巡って話はどんどん展開する。伏線の張り方、登場人物の謎めかし方、黄色い朝顔の謎…。それらを少しずつ明るみに出していく構成力。さすがに上手く、ずっと引きずり込まれながら読み終えた。
著者が「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない」と言い切るだけあって、確かに著者久々の軽快でいながらも読ませるミステリーではないだろうか。
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter