Together Through Life

 

夢売るふたり



西川美和監督『夢売るふたり』を観た。『ゆれる』も『ディア・ドクター』も良かったので期待していたのだけれど…。
監督の作品に共通する、白でも黒でもない曖昧な灰色の世界。今回は夫婦間にそれが見られる。確かに夫婦間にあるのは愛だけではなく、もっと色んな、例えば情だとか妬みだとか尊敬だとか苛立ちだとか…。あって、何かのきっかけでそれらが曖昧ぐちゃぐちゃになるともはや2人を繋ぎ止めているものが何なのか分からなくなり、2人の視界は狭く、近くなる一方になる。そこを女性の狂気を含めて描きたかったというのは分かるのだけど、あまりにもその世界(夫婦間)にある曖昧ぐちゃぐちゃとしたグレーが濃く、大きく立ちはだかり、今回ばかりはそれを捉え切れていないように感じる。だから、ラストに差し出される救済のようなものも陳腐になっているのではないか。
期待が大きかったのせいかちょっと残念だったけれど、松たか子の演技は圧巻だった。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter