Together Through Life

 

世界にひとつのプレイブック

早朝5時チェックアウトしてシドニー空港へ。10年ぶりの社員旅行もこれにて終了。
今回は比較的自由時間も多かったし、結構タイトなスケジュールで歩き回ったけれど、時間は有意義に使えたと思う。同僚たちと普段会社では話さないような話も出来たし、役員さんとの交流も深められた。

帰りの機内ももちろん爆睡予定。でもその前に映画を1つ。
デヴィッド・O・ラッセル監督『世界にひとつのプレイブック』を観る。



心に深い傷を負い精神病院から出てきたばかりの男が、同じく深い闇を心に抱えたままそれでも前を向いていきていこうとする女性と出会い、その姿勢に次第に惹かれ(いや、引っ張られ)、ハッピーエンドへ向かって再生を生きるラブストーリー。
そう、ラブストーリーなんだ、この映画。うん、ラブストーリーだよなと思ってただ観ていると、それはそれで良く出来たラブストーリーなんだけど、この映画がすごいのがその「ラブ」している男女が両方とも精神に破綻を来たしていること。
普通心に闇を抱える登場人物の再生を描こうと思ったら、もっと暗かったり重かったりするもんじゃないかと思うんだけど、この映画はそこに焦点は当てつつも決してそれを過度に押し付けてきたりはしない。だからこそ、誰だって心に傷を負って生きている、でも誰だって人生はやり直せるというメッセージはポーン!と高く飛んできて心に届く。そうして映画は「ラブストーリー」としても「人生へのエール」としても立ち上がり、しかも重々しくならない。
これは一重に監督の力量なんじゃないだろうか。でもジェニファー・ローレンスはもちろん、ブラッドリー・クーパーもデ・ニーロも素晴らしかったしな。そう考えると映画って骨組みを造る人、その中で表現する人、どっちも大事だし、どっちも揃えば素敵な作品になるんだな、と改めて思わさせてくれた。

成田到着後車で2人の社員を送り、夜20時半頃帰宅。annとallenの顔を見て癒されたけれど、旅の非日常で高まっていたテンションのせいで忘れていた疲れを急に感じる。
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter