Together Through Life

 

オンエア

onair_ge.jpg

柳美里『オンエア』読了。メディアの暴力的な裏側を女子アナという華やかな世界に潜む闇を照らすことによって描き、その性描写の激しさも伴って評判となったエンターテインメント作品。確かに描かれる世界はリアリティがありながらもゴシップ的要素の強いものだし、性描写も(特に上巻は)強烈。でも著者が結局伝えたかったのは闘う女性の挫折とそこからの再生、つまりは「死」と「生」であり、そのテーマにピッタリなのが女子アナという職業だったということなのだろうと思う。
昔から思っていたのだけれど、女子アナって学生時代から成績も美貌もエリートコース、大学ではミスコン女王とかまでなってすごい競争率の関門を突破して就職し、華やかな芸能界という世界で顔を曝しながら知性と美貌で現在を伝える、という仕事だからまぁ憧れの職業ではあるしその分羨望や嫉妬の対象にもなりやすい。でも彼女たちは芸能人とは違い、テレビ局に所属しそこから給料をもらっている所謂OLでもあるわけで…。そういった立ち位置(羨望の対象ではあるけれど芸能人よりは身近)が微妙に人々の心をくすぐる絶妙のネタになりやすいんだろうね。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter