Together Through Life

 

ミッドナイト・イン・パリ

今年の年末年始も昨年同様、毎晩は無理かも知れないけれど真夜中(じゃないかも知れないけれど)の映画鑑賞をしようと。
まずはウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』。



売れっ子脚本家でありながら作家への夢が捨て切れない主人公が婚約者の両親の旅行に便乗してパリを訪れ、そこで憧れの1920年代のパリにタイムスリップしてピカソやヘミングウェイやフィッツジェラルドとゼルダやダリに出会う。大人のファンタジー。
ウディ・アレンはもう現代にはうんざりして、自身が好む文化的で知的、趣味の良い社会が生きていたかつてのパリを夢想として描く。もちろんそこで起こることはすべて幻であることは知りながら、それでもその夢の世界を生き生きと描く。
だって、もはやアメリカにはおろか、世界中を見渡しても自身が好む文化的で知的で趣味の良い社会なんてないんだから。
映画という武器を最大限に生かし、自身の夢想する世界を描く。これが映画の力、そう感じさせてくれる、小粋で知的で文化的、趣味が良くて刺激的な作品。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter