Together Through Life

 

私とは何か



平野啓一郎『私とは何か-「個人」から「分人」へ』を読んだ。著者が『ドーン』で提案した分人という概念を、とても平易な言葉で分かりやすく解説した新書。
個人=individual、つまりそれ以上は分けられない最小単位として「私」は存在しているのか、いや、実は「私」とは「個人=individual」を更に分割した複数の「分人=dividual」を抱え持った存在なのだ。仕事しているときの顔、古い友人といるときの顔、恋人といるときの顔、家族にしか見せない顔。それらはただ単に「キャラ」を使い分けている訳ではなく、それぞれの相手に対する「分人」を生きていて、そしてその全てが他ならぬ「私」の構成要素だということ。
こうやって書くと逆に難しそうだけれど、自分が相手によって違う顔を見せていることは普段きっと誰もが感じていることだろう。それを平易な文章で簡単に説明しているところに本書の価値があるのだろうし、自己探求だとか本当の自分だとか、そんな型にはまった悩みを吹き飛ばしてくれる考え方だと思う。
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter