Together Through Life

 

ロスト・イン・トランスレーション



ソフィア・コッポラ監督『ロスト・イン・トランスレーション』を観た。今さらだけど。
で、これが思いがけずとても良かった。
CM撮影のために1人来日している映画スターのボブと、カメラマンである夫の撮影に同行して日本に来ている人妻シャーロット。この2人の、恋と呼ぶにはあまりに淡く儚い交流を描いたもの。
もうこの細くて今にも切れそうなんだけどキラキラと輝く糸のような2人の関係性が、ぐぐぐっと僕を惹きつける。これといった大きな盛り上がりもなくどちらかというと淡々と進行するのだけれど、2人の交流を描く場面は何気ないのに眩いくらいに輝いている。
この気持ちは恋なのか、いやホームシックによる寂しさなのだろうか。当人たちですら分からないその揺れ(あくまでも小さな揺れ)の描き出し方が絶妙だと思う。
東京の描き方も素晴らしい。形式的で表層的に映るかも知れないけれど、それは当たり前、異国の地で孤独に振る舞うアメリカ人にはこうとしか映らないのだから。
傑作ではないかも知れないけれど、バランスの取れた素敵な映画だった。もっと早く観ておけば良かったなぁ…。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter