Together Through Life

 

聖女の救済



母から借りた東野圭吾『聖女の救済』を読んだ。ガリレオシリーズの長編第2作。
妻に離婚を切り出した夫が殺害される。犯人はその妻であることが序盤で示唆されるものの、彼女には鉄壁のアリバイがある。ガリレオこと湯川がその難問に挑み、「理論的には存在するが、現実にはあり得ない」という答えに辿りつく。
相変わらず素晴らしい構成で一気に読ませる本格ミステリー。どういうトリックなんだろうと読者を食いつかせ、離さないままぐいぐい引っ張る著者のミステリー作家のとしての力量を再確認させられる。
ただ、ガリレオシリーズとしては、少々トリック(いや、充分驚かされるトリックなんだけどね)が非科学的というか人情的ではなかったか。
あと、加賀恭一郎が阿部ちゃんに見えて仕方ないのと同様、湯川は福山、内海薫は柴咲コウ、草薙刑事は北村一輝にしかもはや見えない。それはそれでそれだけ映像版が成功している証でもあるのだろうけれど。
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter