Together Through Life

 

ファントム・ピークス



北村一光『ファントム・ピークス』読了。
長野県安曇野の山中で次々と行方不明者が出る。しばらくすると遺体の一部が発見され、何者かの仕業だと推測されるが、その「何者か」が分からずその得体の知れない不気味さに戸惑い、そしてその正体が明らかになるに連れ人々は次第にパニックに陥る。
といった内容だけれど、今一つドキドキ感に欠けるような。
それでも文章は硬質で上手いし、アクションなどのシーンも余分な盛り上げや説明がない分、逆に冷たい不気味さや怖さを醸し出しているのかも知れない。それでも、やはりもう少しパニック感が読み手にも伝わってくるともっと良かったのだけれど。
日本の小説で(たぶん)数少ないネイチャーパニックというかアニマルパニックものという意味合いにおいて面白く読めたのだけど、著者はすでに逝去されておりあまり多くの作品が読めないのが残念。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter