Together Through Life

 

テトロ



フランシス・フォード・コッポラ監督『テトロ 過去を殺した男』を観た。
2009年の作品だけど、いやもう、コッポラ健在。嬉しくなるようなステキな作品。
家族を捨て、ブエノスアイレスで名前を変えて暮らす男。ある時点から彼の世界から色はなくなる。だから、現在はモノクロで、過去は色鮮やかなカラーで描かれる。とはいえ、その過去も決して幸せなものだったわけではない。でも確かに彼にとって、過去を捨てた(殺した)ときから世界は色を失ったのだ。
天才と呼ばれる父を追いかけ、その父に裏切られる。でも、父殺しは出来なかった。「父」という存在に翻弄され、それでも「父」を消せない。「父」から逃れられない。それ故に悩み苦しむが、最後に「父」を受け入れる。2つの意味を持って。
モノクロ映像もスタイリッシュだし、カラーも眩いほどに鮮やかだ。ヴィンセント・ギャロは相変わらずタダモノではない雰囲気を醸し出しているし、その佇まいに迫る、その佇まいを演出するコッポラのカメラも見事。『ゴッドファーザー』や『ランブルフィッシュ』にも通ずる、コッポラの真骨頂。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter