Together Through Life

 

アーティスト

毎年メインの取引先のあるタイが水かけ祭りで長期休みになる4月中旬はウチの会社も交代で休みを取っていいことになっているのだけれど、今年は忙しくて時期を逃してしまったので今日1日だけ休みをもらった。
せっかくなので久しぶりに劇場に映画を観に行く。アカデミー賞5部門受賞、ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』。



モノクロでしかもサイレントだというから退屈してしまうことを若干恐れていたが、そんな心配はまったく余計だった。ハートウォーミングでいながらテンポも良く、あっという間の2時間弱だった。
オスカーで最優秀主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダン始め、キャストがとても生き生きと動く。サイレント映画でとても大切だと思われる音楽も素敵。何よりサイレント映画からトーキー映画へと移行していく少し切ない時代を、スターの凋落を描きながらもそれほど暗く見せないのはあちこちにたくさんの救いが散りばめられているからだろう。言葉がないからこそキャストは多くを「語り」、色がないからこそシーンは「輝く」。サイレント&モノクロで撮られた意味が充分ある、意義深い作品だと思う。
賛否両論あるかも知れないラストも僕としてはアリ。新しい時代へと突き抜ける、力強さがあった。
Comments

Body

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter