Together Through Life

 

一般意志2.0



昨年話題になった書、東浩紀『一般意志2.0』を読んだ。
副題に「ルソー、フロイト、グーグル」とあるように、著者はまずルソーの社会契約論の礎となる「一般意志」は大衆の無意識の集合知であり、さらにルソーが言っていることは政治は「一般意志」にこそ隷属しなければならず「一般意志の成立のためにはそもそも政治からコミュニケーションを追い出すべきだ」という、新しいルソー及び「一般意志」の解釈からスタートする。その「一般意志」をフロイトの精神分析における「無意識」と繋ぎ合わせ、近代以前では不可能だったその巨大な「一般意志」を可視化するということが、グーグルやツイッターといった情報技術によってこそ可能になるという話。その可視化されたものを「一般意志2.0」と言う。つまり「一般意志2.0」はあくまでも人々の「無意識」の集合知なのであり、それは「大衆の私的で動物的な行動(データベース)」に他ならず、だからこそそれは既成の民主主義を変える大きな力となり得ると著者は説く。
そして、ここからは特に著者が自身でも言っているように「夢」なのだろうけれど、「一般意志2.0」における「大衆の私的で動物的な行動(データベース)」が従来の政治に欠かせないとされる「政治家や専門家たちの公的な合意形成(熟議)」を制約し、その2項によって成り立つはずのものが新しい未来の政治の姿「民主主義2.0」であると夢想する。
とにかく著者は既存の政治のあり方、議論(=熟議=コミュニケーション)を尽くせばこそ新しくより良い合意がもたらされるという形態に明らかに絶望しており、その絶望は確かに(特に日本では)世の中を覆う空気でもある。それにその政治のあり方がもはや何も機能していないことも明らかだ。だからこそ著者はそんなものはもう仕方ないんだから、それはそれで置いておいてそこに制約を与えられるものをこそ創り上げようと提案している。
ルソーの解釈や「一般意志」の情報技術を通した昇華には多くの批判もあるし、著者もそこは心得ている。だからこそ著者自身これは啓蒙書ではなくエッセイだと、思想ではなく夢なのだと何度も繰り返す。
だから、歴史的背景を無視した(自分の理論に都合の良いように利用した)過去の偉大な思想や啓蒙に対する解釈や、「一般意志2.0」の実際的利用方法の曖昧さをいくら突っ込んでも意味がない。グーグルやツイッター(あるいはフェイスブックやミクシィ、ニコ生でも何でもいいが)といった情報技術が確かに著者の言う「一般意志2.0」と呼べる、これまでは潜在でしかなかった物言わぬ大衆の意志の集合を浮かび上がらせる可能性は大いにあるし、それが下らないトイレの落書きでしかない可能性も否定は出来ないけれど、そこに隠されていた無意識の意志が可視化され有効利用される社会が実現するという可能性も、これまた否定は出来ないのではないか。
著者が夢と語るようにまだ具体的な装置は何も示されていないが、そこに可能性を見出し、停滞する民主主義を根本から変え得る可能性を秘めたものとして捉える。そのような著者の姿勢には、少なくとも解釈に対する穴探しや実現可能性の低さを突っ込むだけのコメントよりは強く前向きな意志が感じられる。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter