Together Through Life

 

真夏の方程式



出張が多いとどうしてもミステリーを読むことが多くなる。またも東野圭吾『真夏の方程式』読了。
ガリレオシリーズの長編第3弾。僕にとっても直木賞受賞作である『容疑者Xの献身』以来のガリレオ。
舞台は海が美しい田舎、そこで夏を過ごすことになる湯川と少年。軸は湯川と少年との心の交流なのだけれど、東京と美しい海の町を繋ぐ事件、行き来する人物が抜群の出し入れで描かれ、やっぱり巧いなぁと感心させられる。
確かにガリレオ的な物理学的トリックは薄いのかも知れないけれど、少年の人生に思いを馳せる物理学者も悪くない。
それにしても読んでいてもはや湯川が福山に見えてくるのは仕方ないか。設定の町がとても美しいので、こうなったらもう是非福山で映像化してくれ。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter