Together Through Life

 

まほろ駅前多田便利軒



大森立嗣監督『まほろ駅前多田便利軒』を観た。
直木賞を受賞した三浦しをんの原作はあまり好きではなかった。でも、この映画は良かった。
これぞ日本映画とも言える「間」が頻繁にあって、冗長に物語は進むのだけれど、その「間」を持たせてあまりあるのが主演の2人、瑛太と松田龍平の素晴らしい存在感だ。この2人の醸し出す雰囲気が「間」を埋め、映画に味付けを加える。
物語のテーマは原作と同じ。負った傷は元には戻らないけれど、その傷は確かに徐々に癒える。痕は消せないけれど、痛みは和らぐ。だから、愛されなくても、愛する人になれ。
瑛太の演技でこのテーマが語られると、グッと胸に刺さる。そういった意味では映画向きの原作だったのかも知れないし、映画としても俳優陣ありきの作品なのかも知れないけれど、結果的にその役者陣の力量でここまで観せているのだから、それが監督の狙いであれ偶然のラッキーであれ映画としては素敵な出来になっていることは間違いない。
Comments

Body

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter