Together Through Life

 

嘘をもうひとつだけ



東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』を読んだ。加賀恭一郎シリーズ第6弾だけれど、長編ではなく短編集。
犯人は日々の日常に暮らす普通の人々。加賀恭一郎はその裏側にある動機を探し求めるべく推理を進める。各章の犯人が犯罪を犯してしまった理由はそれぞれだけれど、共通して言えるのはそこに悲しい事情があるということ。守るべき名誉、愛…、それらのために犯人は嘘を重ね、加賀の追及に対しても嘘をつく。その姿が悲哀を漂わせ、それぞれの章に悲しい色合いを添えている。
悪くはないのだけれど、加賀恭一郎というキャラクターはじわりじわりと犯人を追い詰めていくタイプなので、短編だとその過程がどうしても飛ばされがちになり、あっという間に真相に辿りついてしまうのがなんとなく物足りないような。やっぱり長編でこそのシリーズなのかと。
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter