Together Through Life

 

リトル・シスター



レイモンド・チャンドラー著、村上春樹訳『リトル・シスター』を読んだ。『ロング・グッドバイ』、『さよなら、愛しい人』に続く村上春樹訳によるフィリップ・マーロウもの。
チャンドラーによるフィリップ・マーロウ作品は全部で7作あるらしく、『リトル・シスター』はその5作目。訳者あとがきで明かされているがチャンドラー自身この作品があまりお気に召していないらしく、読んでみて、なるほど、込み入った事件は錯綜し、まとまりに欠く。結局誰を殺したのが誰で、で、彼と彼女はどういった関係で、あのとき彼らはどこにいたんだっけ…といった感じ。
なのだけど、村上春樹もあとがきで書いているようにどこか「愛おしい」と思わせる作品なのだ。それはやはり訳者が言うようにオーファメイ・クエストという女性の描写が素晴らしいからだと思う。実体に奥行きがあり、哀しく切ない。そして、それを必要以上に責めもせずに見つめ、許すマーロウの優しい眼差しがこの作品を支えている。
もちろん、キレとテンポの良いマーロウの独白、ジョーク、会話のやりとりも秀逸。村上春樹は訳していて楽しいだろうな。(たぶん)オリジナルにも翻訳にも遊び心が溢れていて、それが独自の世界となって雰囲気満点に読み手を魅了し、取り込む。小説作品は決して筋だけではない、という当たり前のことを改めて知らしめてくれる。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter