Together Through Life

 

行き当たりばっ旅2011韓国編 最終日

そりゃ朝は起きられないよ。昨夜、というかもう今朝寝たのって6時前じゃない?起きられへんよ。
でもやっぱりryuuは先に起きていてシャワーを浴びる気配が。でも昨日以上に起きられないのでそんな気配も一瞬で忘れ去り、気付くと犬の鳴き声が。
え?
びっくりするでもなく起きてみると、ryuuのiPhoneでした…。何、もう。

チェックアウトして昼を食べに向かう。

お世話になったホテル。
普通そうだけど、中は完全に「以前はラブホでした」という造り。エアコンがガンガンうるさかった。まぁ、かまわず眠れたけど。



昼は参鶏湯で有名な「土俗村」というお店。お昼時ということもあり長蛇の列だったけれど、意外とすいすい進んでいるようなので並んでみる。

307255_169305106478612_100001973710055_339888_989711_n.jpg

思った通り意外と早く店内に案内され、お目当ての参鶏湯を。

292781_169305133145276_100001973710055_339889_4625549_n.jpg

うーむ…。以前韓国で食べた印象と同じ、味は薄い。でも健康的な感じ。もっと美味しい食べ方があるのだろうか。

明洞に戻り、今日のメインイベントである「NANTA」という舞台へ。
台詞がほとんどなく、身振り手振りと踊りなど動きと打音で魅せるパフォーマンス。

312670_169305153145274_100001973710055_339890_1650089_n.jpg

開演前から舞台に垂れ下げられたスクリーンに5ヶ国語で次々にメッセージが浮かび上がり、それに合わせて拍手や歓声を上げているうちに客席は温まる。すごい。
そして開演。
最初は静かに始まった舞台も、レストランを舞台に次々にドタバタとパフォーマンスが繰り広げられ、大笑い。いや、すごい。めっちゃ楽しい。

321617_172133489528506_100001955682867_381481_7217123_n.jpg

そしてなんと!上がっちゃいました、NANTAの舞台へ。
最前列に座っていたんだけど、終盤のコック同士の料理速造り対決みないなのに男女1人ずつ。それに選ばれてしまった。
意外と開き直れる性質なので思ったほど上がらなかったけれど、舞台を降りてみて振り返れば、同じチームの女性の顔すら覚えてないし、客席なんて全然見えてなかった。でも、出来上がった料理のお皿を積み上げる度にポーズを決めて声を出せた(ryuu曰く声は出てたのに上ずってたらしいけど)し、僕のチームは勝てたし、良い思い出になった。何よりとても楽しめた。
こういうサプライズ的楽しみが起きるのもばっ旅だからなのではないかと。だって、満席の客席から普通選ばれないよね。

「NANTA」の観劇を終えて、せっかくなので有名な明洞餃子を。

314440_169305183145271_100001973710055_339891_3719804_n.jpg

まぁまぁ、普通に美味しかった感じ。

で、明洞をまたブラブラして、見た目が珍しかったという理由だけでソフトクリームを。

292763_169305196478603_100001973710055_339892_101097_n.jpg

299057_172133729528482_100001955682867_381492_6794394_n.jpg

まぁまぁまぁ、これも普通。

ていうか、言っちゃっていいかな。
韓国って仕事で過去に2~3度来たことあるし、今回もそうだったけど、韓国料理って完全に日本で食べる方が美味しいと思う。美味しいところ知らないだけかも知れないけど。
それにサインや看板や表示がすべてほとんどハングルなのはいかがなものか。漢字を完全に捨て去ったのは良いとして、英語くらい、ねぇ…。
韓国は日本人にとても人気のある国らしいけれど、ぶっちゃけちゃうと僕には未だにそこまでの魅力が分からない。

ま、それは良いとして。
帰りのホテルでのガイドさんとの待ち合わせまで少し時間がありそうだったので、歩いて南大門へ向かう。
到着して雰囲気を味わっただけでタイムアップ。

298511_169305256478597_100001973710055_339894_4274592_n.jpg

タクシーを拾ってホテルに向かうも、この運転手がモタモタしてて。約束の時間から遅れて到着すると、待っていたのは初日のガイドさん、アンさんだった。本当は今日は違う人の予定だったのだけど、僕たちにもう一度会いたいからとわざわざ来てくれたみたい。本当に親切で素敵なガイドさんだった。アンさんからもらった情報は大きかったし、いろいろなことに詳しく車内での会話も途切れることはなかった。ありがとう。

帰りも寄らなければならないという食品の免税店に寄って、ここで家族や会社にお土産を。
空港でゲートまで送ってくれたアンさんとそれぞれに記念撮影をし、名残惜しみながらアンさんとお別れ。

305133_169305306478592_100001973710055_339896_677910_n.jpg

羽田到着予定は23時半。僕はバス、ryuuは電車だけど、少しでも到着が遅れると乗り遅れる可能性があるので、ラウンジで締めのカメラを回す。

309262_169305333145256_100001973710055_339897_3092592_n.jpg

前回後、次回こそ恐れを知らないチャレンジに溢れたばっ旅らしい旅を!とか息巻いていたのに、今回が一番ばっ旅らしくない旅になってしまった。
だいたい車で回らないのは初めてだったし、車で回らないということは自分たちの気分のまま動けないということ。電車やバスやタクシーに乗るにはあらかじめ予定を決めて行動するということだし、それだと行き当りばったりにはならないよね。カジノはあったけど、競馬(新聞)はなかったし。
ま、ばっ旅初の海外だったし、思いがけない楽しみやサプライズなどもあったし、旅としてはとても楽しかったからまぁいいか。

羽田に着いたらお互いダッシュ。僕もryuuもバスや電車に間に合い、それぞれの日常へ。

さて来年はどこかな。近畿か、沖縄か。
いずれにしても今度こそ、改めてばっ旅の真髄へ。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter