Together Through Life

 

ゲンロン0 観光客の哲学

genron0_4c-430x600 (287x400)

東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』読了。
「ゲンロン」は東浩紀が主催する会社の思想誌だが、この『0』は東の単著として発表された、彼の思想の「集大成にして新展開」になるという。
なるほど確かに『弱いつながり』で提示された「観光客」という概念がより発展的に、実践的に追求されている。
ここでも東浩紀は『一般意志2.0』同様、いったんルソーに立ち返る。つまり、人間はそもそも人間など好きではなく、社会など作りたくない。でも現実には社会を作る。つまり公共性を持つ。
そこから始まり、ヴォルテール、カント、シュミットを引き、ヘーゲルに展開する。人間はなぜ人間を好きでもないのに社会を作るのかという問いに対する解答として、ヘーゲルは、人間は家族と離れ、市民を経て国民になることで初めて精神的成熟に達する、人間の最高の義務は国家の構成員であることであると答えた。ただこの一定方向への単線的なパラダイムではもはや現代の世界は語れない。
著者は現代をナショナリズムとグローバリズムが二層化して混在する世界とし、ヘーゲル的回路とは別の回路として観光客=郵便的マルチチュード=誤配=憐みを提唱する。
ここですべて書くと結構大変なので省略するけれど、他にも色々と過去の哲学者やネットワーク理論なんかを駆使して掘り下げられる観光客の哲学へと迫る理路は圧巻で、知的探求心に満ちていて、読んでいる方も興奮させられる。
その後の第2部で観光客の哲学の課題として挙げられる第4のアイデンティティー候補として「家族」を(まだ荒削りながらも)提案するところも東浩紀らしく、またこういうところが個人的に共感できる部分でもあるんだけれど、一番腑に落ちるのはやはり最後のドフトエフスキー論ではないか。
僕としても昨今の安保法案やら森友学園やら加計学園やら共謀罪やらの問題で、国会の茶番、デモの無力さ、マスコミの薄っぺらさに辟易し、危うく無関心のニヒリスト=スタヴローギン=イワンになりかけていたところを救われた思いでいる。
不能の父であること。子として死ぬのではなく、親として生きること。
まだこの世界との接し方を具体的に掴めたわけじゃない。でもある種の姿勢は、態度は分かりかけてきた気がする。
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter