Together Through Life

 

沈黙

41DKKXJTYXL (283x400)

映画を観にいく前に本棚から遠藤周作『沈黙』を引っ張り出し、読む。前に読んだのは10代の頃だから、30年近く振りの再読。
キリスト教信者にはもちろん、そうではないすべての読者に人間の根源的な部分を問う、やはり傑作だった。信じること、疑うこと、そして救われること。人は誰もが己の持つ弱さのために苦悩し、それを克服するためにまた懊悩する。ロドリゴが踏絵に足をかけようとする瞬間には、やっぱり30年前と同じように涙が溢れ出た。
テーマ的にはもちろん、小説的技術としての素晴らしさには今回の再読で初めて気付いたかも知れない。擬似歴史資料的な「まえがき」と最後の「切支丹屋敷役人日記」ではその「資料」的な淡泊さで作品にリアリティを与え、まえがきの後に置かれた「セバスチャン・ロドリゴの書簡」で読者をロドリゴの視点に引きずり込み、その後の三人称で今度は読者を少し引かせて俯瞰的にロドリゴを、物語を観させる。このような変幻自在の距離感の操作は、著者に類稀な小説的技術の力量があってこそだろう。
さて、この素晴らしい傑作小説がスコセッシによってどんな映画になっているか。いつ観にいこうかな。
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter