Together Through Life

 

女が眠る時

maxresdefault (500x333)

ウェイン・ワン監督『女が眠る時』を観た。
小説家が主人公ということもあり、起こる出来事が現実なのか妄想なのか、その境目がぼかされたまま物語は進む。そして、最後までミステリアス。
こういった作品は嫌いでなはいけれど、どことなく最後まで違和感が抜けなかったのは日本が舞台だからか。例えばフランスの海のある田舎町が舞台で、フランス人キャスト(もちろんビートたけしも西島秀俊も悪くはないが)であれば全く違う味わいの作品になったような気もする。
Comments

Body

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter