Together Through Life

 

タイタンの妖女

412gAyrhEIL (271x400)

カート・ヴォネガット・ジュニア著、浅倉久志訳『タイタンの妖女』読了。
物語は地球から火星、水星を経て再び地球、そして土星の環にあるタイタンへと目まぐるしく飛び回るSF。でも描いているのは今も昔も変わらない人間の愚かしい営み。
ただヴォネガットの視線はどこまでも優しい。ニヒルでブラックなユーモアに裏打ちされた、大きなヒューマニズムに包まれ、ヴォネガットの語り口は、うん、やっぱり物悲しくアイロニカルではあるけれど、やっぱりどこまでも優しいのだ。だって、人生とは哀しく愚かで滑稽だけれど、それでも人間は生きているんだから。
全体的にヴォネガット特有の「味」が浸透し、その世界はやはり心地良い。素晴らしい。
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter