Together Through Life

 

HHhH - プラハ、1942年

51i8zFjwRlL (274x400)

ローラン・ビネ著、高橋啓訳『HHhH - プラハ、1942年』読了。
ジャンルとてしは歴史小説に入るのだと思う。では歴史小説とはどのようなジャンルなのか。
歴史小説はあくまでも小説であり物語であり、ドキュメンタリーやノンフィクションではない。史実がそっくりそのまま再現されて書かれるなどということはあり得ないから。だから歴史小説家はその史実の隙間を自身の想像力や筆力を駆使して物語る。
ローラン・ビネはここでその手法にどうしても馴染めない。資料を徹底的に調査し、可能な限り史実を再現しようとするが、やはり隙間は生じる。そしてその隙間を埋めようとする、歴史小説家としての自身の横暴をどうしても許せない。
なぜか。
彼が物語りたいのはユダヤ人大量虐殺の発案者であり責任者でもあるハイドリヒの姿であり、彼をプラハで暗殺しようと試みた2人のチェコ人の姿であり、著者は彼らと当時の情景に可能な限り至近距離まで近づこうとするからだ。当然徹底的な調査によって距離は近付く。でも、距離がある限り史実ではない。そしてこの事件を描くとき、著者はそこに想像力=嘘を挿入することを許せない。
そういった著者の姿勢はしかしクライマックスに近付くにつれ、逆に否定したくても出来ない圧倒的に悲惨な史実にぶち当たる。著者の歴史小説家としての嘘を許さない姿勢が、皮肉にももはやその史実としか言えない悲惨な現実に直面し、そういった姿勢を貫いてきた著者だからこそ彼は誰よりも悲嘆にくれ、打ちひしがれる。それを読む僕らも、また。
読んでいる途中から、読了後も身体が震える。著者が正直であればあるだけ、そう遠くもない過去に起こった真実に恐怖を覚える。
心揺さぶれる傑作だと思う。
Comments

Body

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter