Together Through Life

 

彼は秘密の女ともだち

201508060010000view (500x333)

フランソワ・オゾン監督『彼は秘密の女ともだち』を観た。
オゾンの新作だ!って、何の予備知識もなく観始めたのだけれど、これがもうオゾン節満開、ゲイを公言しているオゾン面目躍如の野心作だった。
幼いころから性別や友情を超えた結びつきを見せるローラとクレールの美しい回想シーンにうっとりしながらも「展開早いなぁ、この先どうなるんだろうなぁ」なんて思っていたら、ローラは亡くなり、その夫ダヴィッドには女装癖があることをクレールは知ってしまう。僕も知ってしまう。驚いた。
女装癖から女性への変身願望に移り行くダヴィッドの心の葛藤、それに伴いダヴィッド=ヴィルジニア(ダヴィッドが女装しているときの名)へ惹かれやがては自身の封印されていた本当の気持ちに目覚め始めるクレール。
お互いに最愛の人=ローラを失い、その「喪失」から紆余曲折、心の葛藤を経て新しい人生を獲得していく物語。それがオゾン流に描かれるとこれほどまでに変態じみた(良い意味でね)、それでいて軽やかでエスプリに富んだ作品になる。脚本も素晴らしい。ラストシーンも見事。オゾン、またまた参った!
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter