Together Through Life

 

呪文

41MJJkwX0jL__SX334_BO1,204,203,200_ (269x400)

星野智幸『呪文』読了。『俺俺』にも通じる不気味さが全編を貫く。
舞台は世代交代が上手くいかず、新規出店のお洒落な若者の店も1年も持たずに閉店していってしまう廃れた商店街。そこで新参者ではあるが自身の料理店を成功させ、商店組合の事務局長も務める図領が厄介な客と揉め、ネットやSNSで誹謗中傷を拡散されてしまう。だがそれをきっかけに図領もブログで反撃を開始し、このネット戦争に勝利した彼はやがて商店街の支配者へと変貌して(いや、本性を現して)いく。
経済的繁栄を正義の旗印として役に立たない者を排除していき、やがて二極化していく商店街は、もちろん日本の(あるいは世界の経済大国の)縮図だ。ただそれだけでは終わらない。「クズは死ね」という究極のネガティヴ・シンキングをも「クズ道とは死ぬことと見つけたり」(!)というポジティヴ・シンキングに変換する過程にある逆説的罠。そこに日本古来からの美学の象徴である「割腹自殺」=「究極のポジティヴな死」が絡まり、前近代から現代ネット社会の日本的病巣が連綿と繋がる様に背筋が凍る。
会話文が多くスラスラとエンターテインメント的に読めるが、この不気味な世界をスラスラと読んでいる自分に気付き、驚く。やはりこの著者の力量は素晴らしい。
Comments

Body

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter