Together Through Life

 

猫のゆりかご

5103EA20YFL (280x400)

カート・ヴォネガット(・ジュニア)-今作発表時にはまだ「ジュニア」が付いていたそうで-著、伊藤典夫訳『猫のゆりかご』読了。
ヴォネガットは僕の中で勝手にSFのイメージが強くて実際その側面もあるのだろうけれど、読みたいなぁと若いころから思いつつもなぜかなかなか手が出せないでいた作家。なのでヴォネガット作品はこれが初読。
読んでみて、確かにSF的要素も含んではいるけれど、いやはや、これをただのSF小説と読んではいけない。イマジネーションの奔流がうねるように流れる、シニカルで含蓄に満ちたクールな文体。描かれる世界の終わり。
著者は半分おどけながらも科学と宗教を強烈に皮肉り、人間への冷静な視線と同時に温かい眼差しも感じさせる。
いやはや(って2回目)素晴らしい。違う作品も読んでみよう。
Comments

Body

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter