Together Through Life

 

十角館の殺人

51hty9rMq2L (286x400)

出張中にミステリーを、と思って読んでいた綾辻行人『十角館の殺人』読了。
これが著者のデビュー作らしく、それまであまり日の目を見ていなかった本格ミステリーというジャンルを一般化しただけではなく、その後に続く新本格ムーヴメントのきっかけになった作品。
ということなど知らず(解説で知った)に読み進める。
大学のミステリー研究会の仲間がお互いを海外有名ミステリー作家の名で呼び合う、というところにもう「青臭い」とか「古い」とか感じてしまったんだけど、いやはやそこからもう既に著者のトリックが仕掛けられていたとは。そして有名な「衝撃の一行」(これも後から知ったんだけどね)ではやはり凍り付いたように固まってしまった。驚いた。
ミステリーにも「社会派」とか「本格」とか色々あるようだけれど、僕の読み方としてはミステリーには人物描写や情景描写、リアリティなんかよりもやっぱりあっと驚く仕掛けを期待してしまう方なので、「本格」が良いなぁと分からせてくれた作品。「館」シリーズだけでもたくさんあるみたいだし、これから折に触れて読んでいってみよう。
Comments

Body

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter