Together Through Life

 

職業としての小説家

41jc+wlkmNL__SX342_BO1,204,203,200_

何度か書いている「大きな読書(?)」は少しも始まらず、村上春樹『職業としての小説家』読了。大きな読書(?)はこのあとに。
まずご本人の顔出し写真(イラストではなく)が表紙だなんて珍しい…と思っていたらアラーキー撮影だった。いや、別にそれは特にあれなんだけど…。
小説家を職業として30年以上を経た村上春樹が今、改めて小説と小説家を語る。ただここで語られているのは一般論でも普遍の職業論でもなく(そもそもどの職業にもそんなものはないだろうけど)、あくまでも村上春樹の個人的な論だ。それに関しては本人も(少々しつこいのではないかと感じるくらい)繰り返し個人的意見、僕のスタイルと丁寧に念押ししている。そう。とても丁寧で、パーソナルで、ありのままに自分を見つめた(あるいは振り返った)エッセイだと思う。でもただ丁寧でパーソナルでありのままなだけではなく、そこかしこに文壇や社会への疑問、小説に対する滾る熱い真っすぐな思い、自分のやり方に対する確信が見え隠れしていて、これまで語られてきたことの繰り返しになっている部分はあるけれど(むしろそれが30年間も変わっていないという点も含めて)今こそ語られるべき村上春樹のセルフ・ポートレイトなのだろう。
個人的には小説家に向いている人間として「すぐに決断しない人」を挙げていることが印象に残った。小説家に向いているのは結論が出そうになっても「立ち止まって考え直すような人」、「何かが持ち上がっても…できるだけありのままの形で記憶に留めて」おく人だと語る。これは全く僕もその通りなので思わず大きく頷いてしまった。僕もだいたいすぐに結論を出さない(出せない)方だし、すぐに「あれはこうだ」「これはああだ」と言う人が苦手だ。そういう人とはあまり話をしたくないくらい。そもそも「今の世の中はあまりにも早急に「白か黒か」という判断を求めすぎているのではないでしょうか?」という意見にも同意で、大切なのは「早急な結論」ではなく(そっちの方が大事な場面もあるだろうけど)、そこに至る熟慮ではないかと思う。
ま、だからと言って僕が小説家に向いているわけでもないのだろうけど。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter