Together Through Life

 

インヒアレント・ヴァイス

inherentvice (500x373)

ポール・トーマス・アンダーソン監督『インヒアレント・ヴァイス』を観た。
1970年初頭のカリフォルニアを舞台に、マリファナ中毒でヒッピーまがいの私立探偵が元カノの依頼で事件を追うとそこからは意外な展開が…という、文字で書くと凡庸な内容に見えるけれど、原作がトマス・ピンチョンで監督がポール・トーマス・アンダーソンなので当然一筋縄の作品にはなっていない。
次から次へと登場する謎の組織、人物。主役も脇役も入り乱れた複雑な世界は層を成し、そんな入り組んだ層をホアキン・フェニックスとともに掻き分けて中に入ってそこにあるまた突拍子もないナニカが見たい!と、そんな気分にさせてくれる。当然物語の筋は複雑で分かりにくいけれど、それが重さに繋がらないのはあの時代特有のだらけた空気感とそれを彩る音楽の存在が大きい。さらには結構シリアスな展開なのに役者陣の演技はコメディちっくに肩の力が抜けていて、そのバランス(というかアンバランス)の感性に唸りながら最後まで飽きずに魅せる。
と、あの時代特有の空気感や音楽が好きな僕には楽しめる作品でした。(そうじゃない人には退屈かも…)
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter