Together Through Life

 

6さいのボクが、大人になるまで。

201411060010000view (500x333)

リチャード・リンクレイター監督『6さいのボクが、大人になるまで。』を観た。
シンプルに同じキャストで12年の歳月を費やした撮影は斬新だし、だからこそフィクションではあるけれどこれほどまでにパーソナルな物語が紡げたのだと思う。
焦点は主人公のメイソン少年が6歳から18歳になるまでの日々に当てられているけれど、当然これは家族の物語であり、父(その時々の父も含めて)、母、姉にもそれぞれの時間が流れ、家族とひとくくりに言えども誰もそこに閉じ込める権利などないことに気付く。
家族での、家での時間は流れる。その流れは家族のものでもあり、それぞれのものでもある。それぞれにとって時間はときに美しく、ときに残酷だ。ただそんな時間を作るのは、この一瞬一瞬(それが素晴らしいものであれ残酷なものであれ)の積み重ねでしかない。だから、今を生きる。その積み重ねの結果、自分にとって、大切な人にとって、振り返って見た時間が素敵なものであれば良い。
2時間45分と長い映画だけれど、退屈することなく観られた。ストーリーとして盛り上がりがあるわけでもないけれど、やはりプライベートな成長や関係性の変化も見え隠れするこの歳月をかけた創り方が奏功しているのだと思う。
Comments

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter