Together Through Life

 

ルパンの消息



横山秀夫『ルパンの消息』読了。
著者がまだ新聞記者をしていた頃にサントリーミステリー大賞の佳作を受賞しながら未刊行になっていた幻の処女作らしい。
文庫化に当たって加筆・修正はしているらしいけれど、すでにミステリーとしての面白さを充分に兼ね備えている点で恐るべき処女作だ。
過去と現在を行き来する構成、緊張感溢れる取り調べ風景と、青春の香り漂う高校時代との心地良い弛緩、時効まであと1日と迫る緊迫感、数多く張り巡らされる伏線を全て回収した上での読者の予測のさらに上をいく結末。いや、見事。やっぱりミステリーはこうでなくては。
著者得意の人間ドラマもあまりそればかりが前面に押し出されるとミステリー要素を食ってしまう場合もあるけれど、この作品はあくまでもミステリーであり、そこに適度なドラマが滲み出ていて個人的にはとても良かった。
全然知らなかったけれど映画(ドラマ?)化もされているみたい。でも本がこれだけ面白ければ観なくてもいいか。
Comments

Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter