Together Through Life

 

ビッグ・アイズ

bigeyes_1_large (500x334)

帰りの機内でティム・バートン監督『ビッグ・アイズ』を観た。
1960年代にアメリカで実際に起きたゴーストライター事件。悲哀に満ちた大きな瞳の女の子の絵が爆発的にヒットする。実際に描いたのは妻のマーガレットだが、夫のウォルターは妻を言いくるめて自分が描いたものだと世間に吹聴し、その天性の口の巧さと商才でコピーを売りまくり、”ポップアート”を牽引し大金持ちになるが、結局は…という話。
ウォルターの功罪、アートとポップの隙間をユーモアと皮肉たっぷりに描き、そこにエイミー・アダムスとクリストフ・ワルツの小気味良い演技が加わり、笑って楽しめる映画になっている。
けれどそこはティム・バートンなのでやっぱりそれ以上を期待してしまうのだけれど、そこまで突き抜けられなかったのは実話という縛りがあったからなのかなぁ。
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter