Together Through Life

 

夜は終わらない



星野智幸『夜は終わらない』読了。
ここで著者がモデルとしている『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』は死を逃れるために暴君に物語を千夜に及び語って聞かせたシェヘラザードという女性が主人公だが、本書では暴君こそが玲緒奈という女性に入れ替わる。玲緒奈はこれまで複数の男性を騙し、金品を巻き上げ、疑われ始めると消す。ただ、消す前に必ずこう命ずる。
「死にたくなければ、私を夢中にさせるようなお話をしてよ」
男たちは語り出す。ほとんどの物語は玲緒奈の琴線に触れず、男たちは縛り上げられたまま無残に消される。ただ九音が語る物語を除いて。
九音の物語は物語を呼び、次第にそれは玲緒奈の人生にも重なる。動物の種やリアルとファンタジーの垣根、過去と現在と未来、新エネルギーへの賛否、性別などあらゆる境界を飛び越え、物語はどんどん拡散し、果てしなく広がる。そして、聞き手=玲緒奈と語り手=九音もやがて共犯者のように溶け合い、物語からすでに逃れられない。
その奇妙な拡散と融合は当然聞き手=読者にも及ぶ。読者はこの弾むように魅力的な文章から繰り出されるファンタジーにのめり込み、ふと異常者だと思っていた玲緒奈との共通点に気付く。僕たちも玲緒奈なのだ。だから、物語を欲する。
言葉があまりにも軽く浪費される現代において、言葉の力で世界は果てしなく広がることを示してくれる。『俺俺』が息苦しく内に掘り下がっていく物語だとすれば、今作はたくさんの物語が拡散し、やがて繋がり融合する、外に広がる世界。聞き手がその果てしない世界を気持ち良く泳げる、際限のない世界。
それにしてもこれだけの物語群とその融合を、著者の愉悦すら感じる魅力溢れる文体で気持ち良く読み進ませる筆力は、ただただ圧倒的で素晴らしい。
Comments

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter