Together Through Life

 

ボーイ・ミーツ・ガール

BOY-MEETS-GIRL-1 (500x323)

この間、更新のときかな?毎月1本旧作を無料レンタルできるというクーポンをもらったので、何を借りようか迷った末にレオス・カラックス『ボーイ・ミーツ・ガール』に手が行く。
カラックスの所謂「青春三部作」は20代の頃に観て結構な衝撃を受けた。で、今40代になってどう感じるか。
モノクロで物憂げで、陰鬱でスタイリッシュ。そして、どこか青臭いカラックスのデビュー作。最後は破壊と死に向かうのに、どこか甘ったるい。ボーイがガールを見て、でもガールはボーイを見ていない。切ない。
そういった青春や若さ独特の青臭さ、甘ったるさを内包して、見事な映像美と共に胸を締め付けるように描かれた作品で、あの頃の僕は確かに胸が締め付けられたのだけれど、やっぱり今見るとその青さに少々引いてしまう。やっぱりもう僕は「その場」にいないのだ。だから、どこか遠くから出来事を観ているような感覚が拭い切れない。
これは…。年を取ったのか、成熟したのか。
ま、せっかくなので来月は『汚れた血』を観てみよう。
Comments

Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter