Together Through Life

 

美しい絵の崩壊

twomothers (500x346)

アンヌ・フォンテーヌ監督『美しい絵の崩壊』を観た。
何がすごいって筋書がすごい。幼いころから幼馴染の母親同士、それぞれの息子同士が、お互いの母親、息子と愛し合うという…。
舞台はオーストラリア東海岸。海がとても美しい。こういった関係性を描く作品だけに変に舞台を都会に置いてしまうともっと不貞の香りが漂ってしまうのだろうけれど、美しい海、それに臨む一軒家で愛し合う美しい青年たちと美しい熟女たちが「絵」的にはそれなりに清々しくも見える。
原作者は女性、監督も女性。で、彼女たちは登場人物をほとんどこの4人に限定し、舞台はほとんど海か家しか描かない。そこに彼女たちはこの美しい4人を放りこむ。そしたらそりゃあんた…。
女性目線だとファンタジーになるのだろうか。う~む。登場人物に一切の社会性を持たせず、社会という「場」も登場させずなので、まぁファンタジーと言えばファンタジーか。
でもやっぱり僕(=男)としてはずっとどこか居心地の悪さだけが残る映画だった。ただ、ナオミ・ワッツとロビン・ライトは美しい。
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter