Together Through Life

 

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!



本広克行監督『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! 』を観た。
『踊る』は、TVシリーズは何度も観ているし、スピンオフも全部観ている。劇場版も2作とも好きだし、マニアとまではいかなくとも結構なファンだと思っている。
でも、この「3」は評判がすこぶる悪く…。本当なら飛びついて劇場で観ていたはずだし、少なくともDVDが出たら新作で借りてきていたはずだ。それが、どうしてこうも…。
これが本当にあの『踊る』を創り上げてきたチームの作品なのかと疑うほどに脚本は酷いし、なんというか矛盾点も多くスジも通っていないし、方向性も曖昧だ。
本来ミステリー要素は少なく、もっとこう緻密なプロットと適度な笑いと熱い展開で魅せるシリーズなのだけれど、それがてんでバラバラ。あぁ…。
まぁ大甘にみて、今回は和久さんという要のキャラクターを失ってしまい、浮き足立った他の登場人物たち、製作者たちの着地がバラバラっとしてしまったのだろうと。和久さんというキャラクターを失ってしまった、その喪失感の大きさと、それ故に他のバランス(特に青島と室井)も全部崩れてしまうのだということばかりが目立つ作品となってしまった。それを補おうとした新しいキャラクターにも無駄で意味のないものが多過ぎる。
ま、今回は本当に大甘にみて、和久さんを失ってしまったことを関係者の方々が受け入れるために必要な1作だったのだと思うことにしよう。バラバラっと着地してしまった、そのそれぞれの着地点から、ファイナルでは『踊る』の集大成になるような胸躍る作品を期待したいのだけれどなぁ…。

 

« »

05 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter