Together Through Life

 

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです



村上春樹のインタビュー集『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』読了。
(特に国内のメディアには)めったにインタビューに応じない作家の、だから主に海外で受けたインタビューの数々をまとめたもの。作品でいうとちょうど『アンダーグラウンド』くらいから『1Q84』直前のものなので、作家の変遷を辿る上でもともて興味深い時期となっている。
めったにインタビューに応じないとはいえ、いざ応じたときの受け答えは真摯で丁寧。一言一言を熟慮しながら答えている様が目に浮かぶ。そして、違うインタビュアーから同じような質問を受けた場合にも、丁寧に同じことを繰り返し語っている。ぶれないが、自身の内部に起こる変化には敏感だ。それを受け入れながら、作家として熟成されていく様が伝わってくるし、それを楽しんでもいる村上春樹の今後がさらに楽しみにもなる。
初期の作品ながら(特に海外の)インタビュアーがよく取り上げているのが『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』。やっぱり村上作品を語る上での最初のキーとなる作品なんだろうな。僕もとても好きだし。また読み返してみようかな。

 

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter