Together Through Life

 

むさぼる

短い単語しか使えなかった子供がどうやって文章を話すようになっていくのか、常々不思議に思っていた。最近のannを見ていると、その謎が少しずつ解消されていく気分になり興味津津。

まず、単語を2〜3個続けて言えるようになる。
「パパ こっち」とか「あっち 行く」とか「あこ(ばぁこ=義母) あっち くる」とか。
同時に、助詞が使えるようになる。
「こっち も」とか「あんちゃん の」とか。

ふむふむ。
こちらの言っていることは大方理解しているようだし、annの言葉の上達のお陰でコミュニケーションがずいぶんスムーズになってきた。

昨日ソファの上に乗って2人で遊んでいたら途中でママのところに行こうと思い立ったらしく、僕に手を振り「バッバイ」と言ったあと、「また くる ね〜」と言ったann。
おそらく保育園で覚えてきたんだろうけれど、驚くと同時に胸がキュンとする。
子供の成長過程で目に見えて分かりやすいのが身体的成長と言葉。中でも言葉は人間独自のコミュニケーションツールだから、それを急速に吸収していく過程は親にとっては感動的ですらあるのだなぁ。

ちなみに最近annは色も分かるようになってきたみたい。「きいろ」と「ぴんく」はだいたい正解する。なぜか「あか」や「あうぉー(青)」は結構間違うけれど…。

今彼女の脳はどうなっているのだろう。とてつもない速さで言葉と知恵を貪っているんだろうな。

この西瓜みたいに。

 

« »

06 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter